ココロとカラダ

体の不調、漢方薬をもっと身近に

漢方薬を身近に

自宅の近くには、町の漢方薬局があります。
季節の変わり目に襲われる体のだるさ、数日つづくひどい疲れ、熱はないけど風邪っぽいなど、病院に行くまでではない体調不良がある時、家族まるごとその漢方薬局さんにお世話になっています。

同じような症状でも、家族ぞれぞれ処方される薬が異なります。
1人ずつ体質、体力、症状のどの段階にあるかによって、適した薬が違ってくるのです。

漢方医学と西洋医学とでは、体の症状に対する治し方のアプローチが異なります。
西洋医学では、症状に対して局所的な対処を、化学的成分を使った薬を使って治していきます。
対して漢方医学では、体の個人差をみたうえで、体本来がもつ働きを高めるように作業して、心身全体のバランスを整えていこうとするものです。

今回は、漢方薬を身近に取り入れてみましょう、ということを書いていきます。

漢方薬とは

漢方とは、古代中国から仏教とともに日本にやってきた医学が、やがて日本人の体質と気候などに合わせて独自に発展していった「日本の伝統医学」です。

「人間の体も自然の一部」と考えるのが、漢方の基本。
病気ではなく病人をみるという考え方から、体の一部分だけに注目するのではなく、体全体のバランスを総合的に見直すといった特徴があります。

その考え方を元に処方されるのが漢方薬。

漢方薬の原料は、植物や木、動物や鉱物など、自然界にあるものです。
これらの原料を「生薬」と呼び、2種類以上の生薬を決められた配合量で組み合わせたものが、漢方薬と言われています。

日本で発展していくなかで、日本特有の原料(生薬)や配合レシピも多く生まれました。これらを和漢薬と呼ぶこともあります。生薬のどくだみ、薬の正露丸などです。

同じ植物を用いた健康効果のあるハーブと区分けされるのは、漢方薬では原料が1つだけということはなく、2つ以上のブレンドであることと、漢方医学の理論をもとに処方される、効果の認められた医薬品であることです。

漢方薬局に行くと、透明なガラス瓶に収められた、さまざまな乾燥植物や、タツノオトシゴを干したものなどが飾ってあります。
ほとんどの場合、これらは漢方薬局らしさをアピールするディスプレイ。実際に処方されるのは、製薬会社が生薬から抽出したエキスを粉薬にしたものを出してくれます。
漢方薬の製薬会社といえば、ツムラクラシエ小太郎などが代表的です。

漢方薬はスパイス。おいしいものが最適な薬。

良薬、口に苦し。
漢方薬というと、苦いものというイメージを持っている方いませんか。
実際、滋養強壮薬として売っている漢方薬には苦いものがあります。
でも自宅近くにある漢方薬屋さんの処方する薬は、まったく違うアプローチをとっています。

それは、今、もっとも体が必要としている薬は、飲みやすくスッと喉を通っていく、というもの。

お店に行って症状を伝えると、3つくらい候補となる薬とお水を持ってきてくれます。すでに私の体質や性格を熟知してくれているので、ある意味たまに行く病院よりも安心です。
その3つの薬を、順に飲んで行きます。テイスティングです。

「どれが一番おいしい?」

生薬を粉末にしたもの、ということで、僕は料理に使うスパイスのように感じています。だから「おいしい?」という聞き方をしてくれます。
「最初飲んだのは、甘く感じたけど、喉を通る時ひっかかる感じがしました。2番目は、苦く感じました。3番目はとくに味を感じることなくさらっと喉を通っていきました。」
こんな風に答えます。すると3番目の薬が用意されるのです。

※ この考え方とは真逆な漢方薬剤師・漢方医もいます。体質体調を考慮した最適な薬が、飲む人にとっては「おいしくない」こともあるという考え方です。

漢方薬にも副作用はあります

漢方薬の原料は、自然にあるものです。
ケミカルな薬と違って、副作用が起きないように思えてしまうのですが、副作用はあります。

先ほど風邪薬でも体質によって薬が異なるということを紹介しましたが、体質の違いや妊娠中の人、年齢の違い、併用している薬によって、使わない方がいい漢方薬もあります。この点からも素人判断は禁物です。

また漢方薬はスパイスとして一般的に使われている植物や動物性のものがあるので、食物アレルギーのある方は原料に注意が必要です。

風邪というと「葛根湯」が有名です。
実際「葛根湯」は、風邪ばかりでなく、肩こりや胃の不調にも効く万能薬ですが、体質が違うとかえって症状を悪化させてしまう場合があります。
そういう方には「麻黄湯」が合っているということもあります。

ネットでこういう症状の場合はこの薬、という対照表を調べることもできますが、最初は必ず漢方薬の専門家から処方をしてもらってください。

季節の変わり目や、何をする気もおきない時

季節の変わり目になると、だるさや気分の落ち込みに襲われることがあります。
だるさというと、「気合でどうにかしろ」と言われてしまうのですが、うつ症状からくるだるさの場合は、熱のないインフルエンザのような、気合でどうにもならない状態なのです。

私の場合、そんな季節の変わり目には「柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)」がよく処方されました。

柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)

  • 発熱して汗の出ているかぜの改善、胃腸や肝臓などの機能障害に伴うみぞおちの痛みの治療に使用されます。
  • 通常、発熱汗出て、悪寒し、身体痛み、頭痛、はきけのある人に用いられます。

ツムラのWebページから引用

この効用を読んだだけでは、季節の変わり目に襲われるだるさに適しているとは分からないのですが、これが合っているんですよねぇ。

また、抗うつ剤を飲んでいても、体全体のエネルギーが枯渇して、何もする気が起きないという時には、「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」を粉末でなく、生薬のパックを煎じて飲むことを勧められました。

加味逍遙散(カミショウヨウサン)

  • “産婦人科の三大漢方薬”のひとつで、月経異常や更年期障害など、女性特有の症状によく用いられます。
    体力があまりない人で、肩がこる、めまいや頭痛がするなどのほか、のぼせや発汗、イライラ、不安など、不定愁訴といわれる多様な心身の不調に広く用いられます。
  • 現代では、ストレスによって頭痛やめまい、不安、不眠などの症状に悩まされる人が少なくありません。「加味逍遙散」は、そうした心身の不調にも使われます。

ツムラのWebページから引用

季節の変わり目は、「柴胡桂枝湯」が私の場合は定番となったので、現在は心療内科で一緒に処方してもらっています。
ツムラの医療用漢方薬シリーズはけっこう種類があり、医療の現場でも使われています。病院から処方されると保険が効くので、お金が助かります。

ツムラ 漢方薬

未病を助ける漢方薬

ちょっとした体調不良は、誰にでもありますよね。
どこからが病気で、どこから病気でないのか。どこまで症状がはっきりしたら病院に行くべきなのか。判断が難しいところです。

漢方には、発病には至らないけれども軽い症状がある状態を「未病」という考えがあります。
なんとなく調子が悪いという、ふわっとした状態にも対処してくれるのです。

たとえば冷え性。病院に行くべきなのか、どうなのか。
そういう時こそ漢方薬が役立ちます。

具合の悪い部分だけでなく、体が本来もっている正しいバランスになるように整えていくのが、漢方薬です。
飲んだらすぐ症状がよくなるものもあれば、時間をかけて体質を変えていくものもあります。

風邪ひとつとっても、ひきはじめにはこれ、高熱が出た時はこれ、熱が引いたらこれ、と段階に応じて処方される薬が異なります。
かかりつけの漢方薬局を持っておいた方がいいですね!

ABOUT ME
二ゴ
うつ病になったのは10年前。それから復職、再発の休職を繰り返し、気づけばもう50代。元の自分に戻るのではなく、別の新しい自分にならなきゃともがいて生きてる最中ですけど、同じようにシンドイ思いをして生きてる人にむけて、少しでも励みになりたいとブログを始めました。