ココロとカラダ

風邪の発熱と下痢は、コンビニにあるものでなんとかする

風邪の発熱と下痢はコンビニにあるものでなんとかする

風邪っぽくて熱が39度ぐらいになってしまうと、インフルエンザを疑って病院に行きますが、そこまで高熱にならない場合は、病院に行かず治すことがほとんどです。
喉の痛みや咳、頭痛、鼻水といった風邪と呼ばれる症状からくる発熱は、体内に入ったウイルスを排出させようとする、カラダの免疫作用によるものですから。
カラダを冷やさないようにして、栄養があって消化のいいものを食べ、水分をしっかり摂って、できるだけ安静にしていれば治ることになっています。

それでも長引くようなら、原因が単純な風邪でない場合があるので病院へ行った方がいいですけど。
この記事は、あくまで風邪の熱の場合ですからね。

熱が出るとキツイです。だるいし、体の節々が痛いし、動く気力が失われます。
とりあえず病院に行かず、コンビニにあるものでなんとかする方法を紹介します。

風邪の熱には、ポカリスエット

風邪の発熱と下痢は、コンビニにあるものでなんとかする:ポカリスエット

熱があるってことは、体内ではウイルスを退治しようと免疫細胞がいっしょうけんめい戦っているってことです。
やがて上がった体温を下げようと、カラダは汗をいっぱいかきます。
体力は消耗し、水分が不足します。

そこで、コンビニかスーパーで、「ポカリスエット」を数本買い込み、ごくごくと飲みます。

体調が悪い時、病院で点滴を受けた経験はありませんか?
その点滴の内容物と同じ成分でできているのが「ポカリスエット」です。
なにせ、開発キーワードが「飲む点滴液」。
医療設備が十分でない世界の地域で体調を崩しても、「ポカリスエット」さえごくごく飲めば、水分摂取と栄養補給ができるようになればいいな、というのが、開発のきっかけだったそうですから。

だからといって、まちがっても「ポカリスエット」を直接血管から入れて、点滴しようなんて思わないでくださいね。医療行為は病院で!(ポカリスエットは飲料です)

その「ポカリスエット」と[ほぼ]同じ成分でできているのが「アクエリアス」。
どちらも体液に近い成分で、効率よく体内吸収できるアイソトニック飲料です。
「ポカリスエット」が飲む点滴液に対して、「アクエリアス」はナトリウム、カリウムが少ない分、必須アミノ酸3種がプラスされ、スポーツ時の水分補給に適した作りになっています。
また「ポカリスエット」は果糖ぶどう糖液のため、カロリーが高いけどエネルギーになりやすく、「アクエリアス」は人口甘味料系を使っているので低カロリーだけど、消化に負荷がかかります。体調が悪い時は、お腹を下してしまう可能性があります。
風邪の熱や体調が悪い時、どっちを飲むかといえば、やはり「ポカリスエット」の方がいいでしょう。

大量に出る汗で失われる水分を補給するだけでなく、いっそのことウイルスのいる体液を押し出して入れ替えてやれ、ってな勢いで、1日500mmペットボトル3〜4本くらい飲みましょう!

着ているものが汗でびっしょりになり、熱が平熱まで下がったといっても、まだ症状が治ったわけではありません。
体力は消耗し、免疫力が下がった状態ですから、他のウイルスにやられる可能性が高い状態です。
2、3日は「ポカリスエット」生活を続けてください。

風邪薬ってどうなの?

薬局に行くと、たくさんの風邪薬が置いてあります。
TVでも冬の期間はCMをよく見ますよね。
風邪には特効薬がないと言われています。風邪薬は、喉の痛み、咳、鼻水、頭痛などの諸症状を緩和する働きがあるだけで、風邪そのものを治すわけではありません。

風邪は自然治癒力で治す!と気張ってみても、喉の痛みがひどくて食べ物が喉を通る時にキツイってのをなんとかしたい、という時もあるでしょう。
まさに私もそれで病院に行ったことがあります。

風邪ですね、と言われて、うがい薬と痛み止めを処方されました。
医師から「総合感冒薬のPL顆粒、要ります?」と聞かれ、
私「風邪っていうと必ず処方される白い顆粒のやつですよね?要りません。効かないし。」
医師「そうそう(笑)ゆっくりカラダを休ませてください。」
というやりとりがありました。

総合感冒薬は飲まないけど、漢方薬の「葛根湯」は風邪っぽいな?と感じた時から熱が出るまでは飲んでます。
どんな症状であっても葛根湯を出す「葛根医者」という落語がありますが、肩こりにも効くことからウチでは「葛根湯」常備してるんです。

下痢した時にはヨーグルトを

風邪の発熱と下痢は、コンビニにあるものでなんとかする:機能性ヨーグルト

下痢になった時にも、失われた水分を補給するために、積極的に「ポカリスエット」を摂りましょう
脱水症状にならないよう、水分をしっかり補給しないといけません。

そして、これも医師から聞いたことなのですが、ビフィフス菌入り機能性ヨーグルトを適当に2〜3種類選んで飲めば、下痢も治るとのこと。
実際、下痢になった時、機能性ヨーグルト2種類一気飲みを半日で2セット行うと、ほとんど治っています、私の場合。

すごいな、機能性ヨーグルト!腸内環境を整えるのって大切!と思いました。

ただ世の中にはヨーグルトを飲むと下痢をしてしまうという人もいらっしゃいますね。すみません、その場合はどうしたら?とは聞けておりません。

まとめ

  • 風邪で熱が出たら、コンビニに行って、「ポカリスエット」を数本買い込み、ごくごく飲もう。
  • 風邪の熱だけでなく下痢にも「ポカリスエット」は有効。
    さらに、ビフィフス菌入り機能性ヨーグルトを適当に2〜3種類選んで飲むとよい。

具合が悪い時、家から近いコンビニですぐに手に入るもので対応できるのは、ありがたいことです。

ABOUT ME
二ゴ
うつ病になったのは10年前。それから復職、再発の休職を繰り返し、気づけばもう50代。元の自分に戻るのではなく、別の新しい自分にならなきゃともがいて生きてる最中ですけど、同じようにシンドイ思いをして生きてる人にむけて、少しでも励みになりたいとブログを始めました。