ココロとカラダ

HSP(とても敏感・繊細な人)の生きづらさ

HSP(とても敏感・繊細な人)の生きづらさ

HSP(エイチ・エス・ピー)とは「Highly Sensitive Person」の頭文字をとった略で、生まれつき周囲の刺激に対して敏感すぎる人のことをいいます。とくに人間関係の感情や気配に敏感です。
一般的な日本語訳では「とても繊細な人」、ニュアンスとして、人一倍繊細、敏感、感受性が高いという意味も持ちます。

繊細であることや感受性が高いことは、クリエイティブな人にとっては恩恵ですが、それが過ぎると、生きにくさや疲れやすさを感じます。

ツイッターのプロフィール欄でも「HSP」という3文字を目にするようになってきた「人の特性」です。
米国においては5人に1人という割合で存在するといわれている、HSPについてまとめました。

HSPとはどんな人?

「HSP」は、アメリカのユング派心理学者エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念です。
アーロン博士は、自分の気質や経験を深掘りしつつ、数千人を対象にした調査を行い、HSPという特性をもった人が一定数存在することを見出しました。

内気で周囲に気を使いすぎてしまい、刺激的なものが苦手で、ささいなことでも動揺してしまう人。

育った環境やしつけなどで形成された性格、と片付けられてきたこのような特徴。
しかし生きにくさを感じるまで「過ぎてしまう」場合、それは生まれ持った特性・HSPの可能性が高いそうです。

自分はHSPかも?と思ったら、アーロン博士の公認日本語サイトにあるセルフテストをやってみてください。
リストで当てはまる項目があればチェックを入れ、チェックが14個以上あれば「おそらくあなたはHSPです」とわかります。

HSP セルフテスト ページへ

どうでしたか?

生まれ持ったもので、英語の頭文字をとった名称がついていると、発達障害「ASD(自閉症スペクトラム障害、アスペルガー障害)」「ADHD(注意欠陥多動性障害)」の仲間のように思えます。
場の空気を読めないのが発達障害のASDなら、空気を読みすぎてしまうのがHSP。
つまり症状が対極にある脳の障害なのかな、と。

しかしHSPは持って生まれた特性であるというだけで、障害や病気ではありません。

治療の必要はなく、自分の特性をきちんと把握して、自分がつらくならないような考え方を身につけることが対処法になります。
世の中の「普通」という枠の中に自分を溶け込ませようとすると、人間関係や周囲の気配に敏感なセンサーが働きすぎて、不安や疲れに襲われるからです。

HSPとASDの違い

HSP(とても敏感・繊細な人)の生きづらさ

発達障害は脳機能の障害ですが、HSPもそうでない人の脳とは少し異なる働きをするそうです。
物事に対する感じ方に特有の傾向があり、どちらも「過ぎる」ところが似ています。
実際、HSPはしばしば軽度のASDと診断されてしまうことがあるそうなのです。

私の身近にいたASDの人は、集中力がすごく、自分の意見をズバッといい、自分なりのルールを人にも強く求めるタイプでした。
正反対に寡黙・不注意・空気を読みすぎるというタイプもASDだったりするのです。わかりにくいですよね。

どちらも「ちょうど良い加減」が自分でコントロールできない点が共通します。

表に現れる特徴として似ているところがあるにしても、内面にフォーカスすると、違いが明らかになってきます。

HSPの人は他者への共感性が強いのです。

自分自身と自分の周囲には目に見えない境目があって、ある種のバリアーが存在します(エヴァでいえばATフィールド)。
HSPの人はそのバリアーが希薄であるために、周囲の気配が自分に流れ込んでしまうのです。

感情や気配という目に見えないものを感じとってしまうために、周囲との関係性に摩擦は起きにくいかもしれません。
ただ他人の気持ちや期待を汲んでしまうばかりに、自分の本意でない方向に流されてしまうことがあります。結果、落ち込んでしまうことにも。
人からの頼まれごとは断れないため、いつの間にか仕事が山積みになってしまい、人にヘルプも頼めず、自己嫌悪に陥ってしまうことも度々。
そうやって自分を忙しくしてしまい、そんな日が続いてしまうと、1人で静かなところにこもりたくなります。
察知してしまうことが多すぎて、疲れ切ってしまうのです。

HSPの生きづらさ

「ふつう」からこぼれて、生きづらさを感じる人はたくさんいます。
外見からは分からず、人からは「いい人」と思われがちなHSPの人も、生きづらさを抱えています。

ささいなことでも動揺してしまう。
身体面と内面の両方で、敏感さゆえ、気になって仕方ない状態になってしまいます(程度には差があります)。

身体面の具体例として、Tシャツや下着のタグが肌にあたる感触が気になって仕方ないとか、痛みや匂いや味の変化に過敏だったり、電化製品の通電音が気になるなどの五感の過敏さがあります。救急車のサイレン音、近所の工事音などにも圧倒されて平静でいられなくなります。

内面では、他人の言葉に影響を受けやすいです。その言葉が発せられた裏側の感情をも敏感に感じ取ってしまい、いつまでも引きずってしまいます。
同僚が上司から怒られている場合でも、自分が怒られているわけではないのに、その感情の波動に圧倒されてしまうのです。
また聞き役として重宝され、ドロドロとした人間関係のはけ口とされてしまうと、他人事であるのに、影響を受けて心が疲れてしまいます。

HSPでない人ならスルーできてしまうことも過敏に反応してしまうため、面白がって「いじり」の対象になったり、反撃されないことをいいことにマウントをとってくる人もいることでしょう。

こんな性格は嫌だ、もっと図太く生きていきたい。

性格であれば、軌道修正が可能かもしれません。
でも持って生まれた特性となると、スルーしようにもセンサーが察知してしまうのです。

他人の言葉や感情を汲みすぎて、自分軸で生きていけない。
自分の意思や理想とする姿と、現実の自分にギャップが大きい場合、自己肯定感が低くなってしまいます。
そのような土壌があったうえで、ストレスを抱え、自分を責めやすい傾向から、HSPの人はうつになりやすいとも言われています。
どうしたらこの負のループから抜け出せるのでしょうか。

HSPでもふつうに生きていきたい

HSP(とても敏感・繊細な人)の生きづらさ

私自身、HSPの3文字を目にして、なんだろう?と検索したのが昨年のこと。
セルフテストをしてみて、調べていくうち、自分にはHSPの傾向があることがわかりました。「腑に落ちる」思いでした。
精神面・性格の弱さだと思い込んでいたことが、生まれ持っての特性でした。なら、開き直りというか、肯定するしかないですよね。

過敏さと自分の反応をどうやって折り合いをつけていくか。

他人軸ではなく自分軸で生きるようにする
アドバイスとしてよく目にするのは、このフレーズです。
それができれば苦労しません。しかし、まったくそれを意識しないよりは、意識した方が楽になれるかもしれないと思っています。

嫌われる勇気をもつ
数年前ベストセラーになった心理学者アドラーの「嫌われる勇気」。
すべての人から好かれることはあり得ないとは分かっていても、嫌われないように振舞っている自分に気がつくことがあります。
アドラー心理学で目からウロコだったのは「課題の分離」という言葉です。
他人の課題と自分の課題を分離し、相互に介入しないという考え方は、周囲の気配から自分を切り離すのに「まさに、それ」というものでした。
「それはあなたの課題であって、私の課題ではない」
という割り切りは、HSPにとって重要なフレーズだと思います。

自分の疲れ具合を指標にする
HSP対処法の多くが、うつ病の人に対するアドバイスと被っているのに気がつきました。
とくに自分を責めてしまう認知の歪みに対する、考え方を変えてみることで、歪みを整えていこうというアドバイスが。
そこで、うつ経験者が日常気をつけている「疲れ過ぎない」を、HSPとしてハマりやすい、やり過ぎ、抱え込み過ぎをセーブする指標にもできるなと思いました。
他人の期待は承知しつつ、今これ以上やったら疲れすぎると感じたら、ストップをかける。
自分軸の何を根拠にするかが明確なら、実行しやすいです。

● 以上が自分にとって実行できそうだなと思っている「考え方」です。

HSPを1つの才能として捉えると、デザインやアート系の仕事が合っていると言われています。はい、私、デザイナーやっています。うつにもなりましたけど(笑)
才能という言い方をすると、一部から「選民意識」ととられてしまいそうですが、困った特性に対する1つのアンサーという気がします。

HSPに役立つ情報

HSPを肯定的に捉え、情報発信されている方がいます。
役に立つ情報がきっとあるはず。参考にしてください。
3つだけですが、ここに紹介させていただきます。

  • 繊細の森
    HSP専門のカウンセラー武田友紀さん。
    HSPを繊細すぎる人でなく「繊細さん」という親しみを込めた呼び名で、HSPについての情報や抱えがちの悩み、仕事や生き方のアドバイスを提供されています。
    『「繊細さん」の本』という著書も出しています。

  • だって、HSPは才能だから
    HSP/HSC才能発掘プロデューサー:皆川公美子さん。
    グループセッションで、HSPの強みを見出し、社会の中で生きていく可能性を明らかにする活動をされています。
  • The Highly Sensitive
    HSPという概念を提唱したエレイン・N・アーロン博士のサイトの公認日本語版サイト。
    久保言史さんが作成・運営されています。HSPについての正しい情報、最新のHSP関連情報を読むことができます。HSPセルフテストもできます。

今回はHSPについて書いてきました。
世の中にはHSP、とても敏感で繊細な人がいるというのを、1人でも多くの人に知ってもらえたらと思います。いろいろな人がいる中で、ある特徴をもった人たちがいるんだということを。

ABOUT ME
二ゴ
うつ病になったのは10年前。それから復職、再発の休職を繰り返し、気づけばもう50代。元の自分に戻るのではなく、別の新しい自分にならなきゃともがいて生きてる最中ですけど、同じようにシンドイ思いをして生きてる人にむけて、少しでも励みになりたいとブログを始めました。